ニュース

「ものづくり補助金」募集開始

☆ 今年も前年に引き続き、中小企業経営にとって国の最大支援策である「ものづくり補助金」の公募が開始されました。申請期限は5月8日まで。時間の余裕は余りありません。
☆ 内容は昨年とほぼ同じです。
☆ 経営改善・改革のために200万円以上の「機械設備(システム開発含む)」の導入をお考えの中小企業は、是非申請をご検討される事をお勧めいたします。
☆ 当事務所は行政書士ですので一般の経営コンサルタント等と違い、法律で業として申請の代行を認められております。また、県庁で審査側だった経験から勝てるアドバイス、申請書作成ができます。是非、ご相談ください。

2019年03月18日

  W.I.N.coが考えること  



  付加価値の源泉は「智」です。

☆ いかに消費者にとって買って良かったと思って貰える商品やサービスを提 供するか、それは会社一丸となった「智」からしか生み出されません。
 思い出してください。営業利益は原材料からも、仕入れ物資からも、設備からも生まれないことを。付加価値を生み出すのは、人の「智」だけです。
☆ ITが発達し、商品・サービスが世界中から押し寄せてる現在、「智」はますますその重要性を増しています。
☆ カイゼンや5Sは費用を引き下げ、不良品率の改善には役に立っても、それは消費者にとって何の付加価値も生み出しません。
☆ コア・コンピタンスの認知、商品分野の特定からデザイン・コンセプト作りまであらゆる局面で「智」を最大限に発揮し、消費者を喜ばせる革新的な商品を生み出す。
  その道程の全てを、W.I.N.coはコンサルと言う他人目線ではなく、貴社と共に歩むナビゲーターでありたいと考えています。

  明日を拓く「智」。W.I.N.がナビゲートします。

   W.I.N.だからできること   

 人が物を買う理由を分析した市場創造を。

・ 獲るだけじゃない生きる補助金・契約取得を
・ マーケット・インからマーケット創造へ
・ 下請けから自社製品創造・元請へ、
・ 身を削る経営から智を生かした高利益経営へ
・ 社員のやる気を引き出し、上昇スパイラルに

 独創的な戦略的マーケティングで貴社を明日へナビゲートします。

   審査側だったからこそ分かること  

 公共に対するプレゼン・補助金申請で欠けていること
 
・ 如何にいいアイデアがあっても、如何に誠実な取組みであっても、
   相手にそれが伝わらなくては、相手がそれを理解できなくては、
   絶対に契約は取れません。補助金は得られません。
   公共の担当者の「頭が固い」と嘆くのではなく、
   公共の担当者の「頭の固さに合わせる」必要があります。
 公契約・補助金は取ればいいと思ってませんか?

 ・ 少しでも投下資本を抑えるために補助金活用を考え始めた途端、
   いつの間にか、補助金を取る事が目的化していませんか?
 ・ 補助金も公共事業の落札も、目的は貴社が次の時代を切り開き、
   より収益性を高め、より強い企業になるためのもの。
 
 公的支援を生かす経営をW.I.N.がナビゲートします。

※ W.I.N.co のCEOは、定年まで岐阜県庁に奉職し、長年商工行政に携わってきました。